e-着物処分方法ガイド:着物の買い取りはおまかせください!

e-着物処分方法ガイド ホーム

振袖は正装で

振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。ですから、管理が負担になるくらいなら、買取業者に引き渡すのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。



振袖にまつわる思い出はたくさんあると思います。



無料相談や査定を行っている業者も多いので、時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。もう着る人のいない着物は、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

たとえば紬などは流行に左右されず、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、産地・種類を問わず買取してくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。
紬のほかには、友禅、江戸小紋なども取扱対象のようです。



検討する価値はありそうです。

成人式の振袖と言えば、誰でもそれなりの思い出とか、思い入れがあるわけで、処分する気は全くない人が案外いるようですが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、次に着てくれる人に譲ればすっきりするのではないでしょうか。買ってから日が浅く、ものが良ければ査定結果も期待通りになるでしょう。
自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。



友達が話していたのですが、祖母から形見分けで譲られた着物を自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかといろいろな人に聞いていました。長く着ていたので傷んでいる箇所もあり査定しても買い取り拒否、なんていわれるかもしれないなどと、いろいろ考えているみたいです。



まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。
明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。友人もさすがに、リサイクルをあきらめて、別の処分方法を考えるようです。この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。私たちが何度も着るような着物はなく、誰も着ないのにとっておくのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが有名作家の作品というようなものはなかったので、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。

自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、買い取りを断ってしまえばいいのです。なにより対面式ですから、価格を交渉することもできます。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、見込みのありそうなお店に訪問査定を依頼するのはどうでしょう。着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのかなかなか人に聞くこともできなかったので結局処分に踏み切れませんでした。
この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も全国に増えているようで、サービスの内容や買取価格を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところを家族で検討しています。

着る人がいない着物を処分する際は、絹物全般は割合良い値段になる場合がありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。一方で、合繊・化繊やウール着物については、新品でも安価で売られているため、仮に買い取るとしても安かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

普通のリサイクル店などのほうが、古着として買い取ってくれることが多いですね。

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、引き取り手のない着物がかなりありました。
専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると電話でのやりとりだけで自宅まで取りに来てくれるところも当たり前のようにあってびっくりしました。着物はどれも重いし、かさばるのでとうてい自分ではお店まで運べないと途方に暮れていたので実にありがたい話です。

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。
けれども、手入れも保管も結構な負担です。

これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので保管もそれなりに大変なのは承知しています。
桐箪笥で保管したいとは思うのですが、今のわが家では、場所に余裕はないのです。


七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。
ページトップへ

Copyright (c) 2014 e-着物処分方法ガイド All rights reserved.